Tilia

布に咲いた永遠の花 オートクチュールビーズ刺繍

王族、貴族などのハイソサエティはもちろん、本物の味わいを知り尽くした特別な人々のためだけに、
一点ずつオーダーに応じて創り出されてきた贅沢の極み、それがオートクチュールビーズ刺繍。
一枚の布の上に一針一針、丁寧に数えきれぬほどの手間と時間を費やして
縫いとられていくこの刺繍は、華麗な花のごとく咲き誇り、観るものを魅了してやまない。

インドのアトリエにおいて、その卓越した技術を持つ熟練の男性職人の手で、
クリスタル、スパンコール、ビーズ、モール、パール、
金糸銀糸をはじめとした最高のマテリアルを駆使し、
次々と美しく紡ぎ出されるこれらの豪奢な手刺繍。
この格調高い刺繍は、刺繍本来の持つ伝統的な繊細かつエレガントなテイストだけではなく、
他に類を見ない程に男性的で力強く、
現代に相応しいモダンなオリジナリティ溢れるデザインを持つがゆえに
世界的に著名なオートクチュールデザイナーたちをはじめ、
多くのファッションデザイナーに愛され、世界のモードに影響を与え、
長く君臨し続け、絶大な評価を得てきた。

魔法のごとく一枚の布を変身させてしまうオートクチュールビーズ刺繍は、
まさに芸術作品と呼ぶに相応しい。
デイタイムは光り輝く太陽に照らされて、ナイトタイムには華やかなシャンデリアの下で
キラキラと輝きを放ち、宝石を想わせるような眩いばかりの煌きで我々の心を捉え、
永遠なる甘美な世界へと誘うのである。